落書きノート

ふと自分が気になった事を書いてます

「解きながら学ぶC++」今回の成果

今回は5問解きました。以下の様なプログラムです。

#include <iostream>

using namespace std;

int main(void){
  int x;

  cout << "整数値を入力してください。" << endl;
  cin >> x;

  if(x < 0)
    x *= -1;

  cout << "絶対値:" << x << endl;
  
  return 0;
}


#include <iostream>

using namespace std;

int main(void){
  int x;

  cout << "整数値を入力してください。" << endl;
  cin >> x;

  if(x < 0)
    x = -x;

  cout << "絶対値:" << x << endl;
  
  return 0;
}



#include <iostream>

using namespace std;

int main(void){
  int n;

  cout << "整数値を入力してください。" << endl;
  cin >> n;

  if(n > 0)
    cout << "正の値です。" << endl;
  else if(n < 0)
    cout << "負の値です。" << endl;
  else
    cout << "0です。" << endl;
    
  return 0;
}



#include <iostream>

using namespace std;

int main(void){
  int n;

  cout << "整数値を入力してください。" << endl;
  cin >> n;

  if(n > 0)
    cout << "正の値です。" << endl;
  else if(n < 0)
    cout << "負の値です。" << endl;
  else if(n == 0)
    cout << "0です。" << endl;
    
  return 0;
}



#include <iostream>

using namespace std;

int main(void){
  int a,b;

  cout << "a,bの値を入力してください。" << endl;
  cin >> a >> b;

  if(a > b)
    cout << "aの方が大きいです。" << endl;
  else if(a < b)
    cout << "bの方が大きいです。" << endl;
  else
    cout << "aとbは同じ値です。" << endl;

  return 0;
}



#include <iostream>

using namespace std;

int main(void){
  int n;

  cout << "正の整数値を入力してください。" << endl;
  cin >> n;

  if(n < 0)
    cout << "正でない値が入力されました。" << endl;
  else if(!(n % 5))
    cout << "5の値で割り切れます。" << endl;
  else if(n % 5)
    cout << "その値は5で割り切れません。" << endl;

  return 0;
}

上記の二つ目のプログラムは別解です。まとめて載せてすみません…。