落書きノート

ふと自分が気になった事を書いてます

C/C++ DirectX9 環境設定のメモ 備忘録

DirectX9のサンプルファイルをよく試すのでその設定方法を簡単に自分用にメモします。環境はVisual Studio 2015 Community Edition,DirectX9 SDK

x86とx64があるが、確認程度ならどちらでも構わないと思います。x86版で設定していきます。

ビルドするときに文字コードで文句を言われます。DirectX SDKWindows SDKに含まれるマクロを利用すれば回避可能ですが、毎回意識するのが大変面倒なので、VS2015に含まれる機能でマルチバイト文字に変換する設定を施します。

毎回設定するのが面倒ですが、環境全体にパスを設定することができないようになっていると思いますので、DirectX SDKのパスをプロジェクト単位で設定します。パスを通すファイルはIncludeディレクトリとLibディレクトリです。

後は依存ファイルをリンカに設定します。よく忘れるのでここで列挙しておきます。

  • dsound.lib
  • dinput8.lib
  • DxErr.lib
  • d3dx9.lib
  • d3d9.lib
  • d3dxof.lib
  • dxguid.lib

以上です。