落書きノート

ふと自分が気になった事を書いてます

Rust どんなものか試してみた

Rustが前々から気になっていたのでやってみました。HomebrewとエディタのAtomを使っています。

# brew install rust
# apm install language-rust
# mkdir hello
# cd hello

コンパイラ、本当はcurlでインストールした方が良いかもしれませんが、とりあえずこれで。

main.rs

fn main(){
  println!("Hello, world!");
}

これを記述して適当なディレクトリでコンパイルです。Rustでは命令文ではなく式というらしいですね。式指向言語といいます。printlnの後にビックリマークがついていますが、このマークが付いている場合は関数ではなくマクロを利用しているとのことです。このマークがついていない場合は、関数となります。これについてはまた次回、機会のあるときに載せてみようと思います。

# rustc main.rs
# ./main

試す分にはこれでいいのだけれど、規模が少しでも大きくなるとプロジェクトを自動生成した方が楽です。ここからプロジェクトに変換するには、Cargo.tomlを作って設定を記述しプロジェクトのトップディレクトリに置いて、railsのようにコマンドで操作していきます。

# mkdir src
# mv main.rs src/main.rs
# rm main

Cargo.toml

[package]

name = "hello_world"
version = "0.0.1"
authors = [ "あなたの名前 <you@example.com>" ]

そして、ビルドと実行します。

# cargo build
# cargo run

基本的なことが分かったら、次回からはコマンドでプロジェクトを自動生成します。

# cargo new hello_world --bin
# cd hello_world
# cargo build
# cargo run

実行可能アプリケーションの場合は上記のようになります。後はcargoコマンドで実行していくわけですね。