読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

落書きノート

ふと自分が気になった事を書いてます

Haskellで不定期練習

関数型言語、このタイプのプログラミング言語は副作用が伴うとプログラムが組みづらいです。OCamlで納得しました。

import Text.Printf

main = do let x = 63
              y = 18
              z = 52
          printf "xの値は%dです。\n" x
          printf "yの値は%dです。\n" y
          printf "zの値は%dです。\n" z
          printf "合計は%dです。\n" ((x + y + z) :: Int)
          printf "平均は%dです。\n" (((x + y + z) `div` 3) :: Int)



import Text.Printf

main :: IO()
main = do
  putStrLn "整数値"
  n <- getLine
  let ns = n ++ "と入力しましたね。"
  putStrLn ns
  putStrLn "整数値 2回目"
  n <- getLine
  let num = read n :: Int
  printf "%dと入力しましたね。\n" num




import Text.Printf

main :: IO()
main = do
  putStrLn "整数値"
  n <- getLine
  let ni = read n :: Int
  printf "10を加えた値は%dです。\n" ((ni + 10) :: Int)
  printf "10を減じた値は%dです。\n" ((ni - 10) :: Int)





import Text.Printf

main :: IO()
main = do
  putStrLn "整数値"
  n <- getLine
  let t = read n :: Int
  printf "最下位桁を除いた値は%dです。\n" ((t `div` 10) :: Int)
  printf "最下位桁は%dです。\n" ((t `mod` 10) :: Int)